リフォームをしよう!

工事の内容を考えて、リフォームをしよう

比べて決めることが素人には重要

自宅の増改築は、必要になる時がやって来るものです。最近では、中古市場が大盛況ですから、リノベーションやリフォームばやりともいわれるほど、活気づいている業界ではあります。

ただ、大掛かりになればなるほど、さっぱり適正な金額はわからないものです。たとえ、見積りが出されたとしても・・・。

費用ばかりに気を取られて頼んだら仕事が雑だったでは失敗ですし、費用が高くてもキレイに仕上がるとも限りませんし、まず、リフォーム会社を選ぶ段階から、素人にはまるでわからないのが現状でしょう。

わからないなりに最低でも、相見積もりをとり、内容や価格を比べることはしたいものです。また、どこをリフォームするかによっても、大手に依頼した方が良いのか、中堅どころで良いのか、近所の工務店で良いのかなどの選択が違ってくるでしょう。

例えば、壁紙を張り替えるようなリフォームなら、近所の工務店レベルでも構いませんが、骨組みから帰る場合は、デザインや設計を手掛けている大手に依頼する方が良いかもしれないという具合です。

定額制でここまでやるという範囲の差もありますし、アフターケアがどこまででどれくらいかというポイントの違いもあるでしょう。気長に、焦らないで、とにかく比べて決めることが素人には重要です。

大手と小さな店舗のメリット・デメリット

大手リフォーム会社のメリットは、管理体制が整い、システム化されているところ。アフターメンテナンスまできちんとしており、一定レベル以上の提案と技術を持っていることです。

デメリットは、コストがかかる点です。小さな店舗のメリットは、最少人数の工事で、直接顧客の声が職人に伝わる点です。ある程度の融通も利くでしょう。専任のプランナーがいれば、デザインや機能面の提案も期待できます。

コストも安いでしょう。デメリットは、技術の差が出てくるところです。どちらにもメリット・デメリットはありますから、依頼したい工事がどちらに向いているのかを考えましょう。

rehome